Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Girl with a Pearl Earring 

Girl with a Pearl Earring
著:Tracy Chevalier

キリンが続いていたので、しばらくは易しいのを中心に・・と考えていたのに、やっぱりこういう本が読みたくなり、つい手を出してしまいました。

この小説は、フェルメールの代表作「真珠の耳飾の少女」(または「青いターバンの少女」)の製作にまつわる恋物語(フィクション)です。舞台はオランダのデルフト。グリートはフェルメールの家で使用人となり、アトリエの掃除を任される。フェルメールはグリートの色彩感覚が非常に優れていることに気づき・・・

フェルメールの絵画が好きです。こういうほの暗い中に光が差し込むような絵に惹かれます。私はバロック音楽(バッハやヴィバルディ、ヘンデル、コレッリなど)が好きで、教会で演奏することもあるんですが、バロック音楽が生まれた時代というのが、フェルメールの生きた時代と同じということも、私がフェルメールの絵に惹かれる理由のひとつかもしれません。

まだ冒頭しか読んでませんが、しっとりとした雰囲気のある文章で、静かな午後にバロック音楽でも流しながらゆっくり読みたいなと思いました。読了できたら感想をUPします。

謎解き フェルメール
ちなみにフェルメールについてお手軽・お気軽に知りたい方は、こちらもオススメ。フェルメール研究の第一人者である小林頼子さんが分かりやすく作品解説しています。しかも全作品オールカラー!




真珠の耳飾りの少女 通常版
さらに映画「真珠の耳飾の少女」もオススメ。映画なんですが、時々すっと静止画のように、空気が止まることがあり、それがフェルメールの絵画の雰囲気を再現しています。主役のスカーレット・ヨハンソンのもつ雰囲気もあの暗い背景によく映えていて、大変美しく官能的です。静かな作品ですが、最後まで飽くことなく、視聴者を引っ張ってくれる作品だと思います。
スポンサーサイト

△page top

« Arnold Lobel Book of Mother Goose
ランドルフ・コルデコット »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

本当にまぢで(笑)

有希さん、前世で私達は双子だったかもしれませんよ(笑)←嫌とは言わせない♪フェルメール大好きっ!ちなみにレンブラントなども好きなんです~。オランダも大好き。(ハウステンボス何度行ったかって関係ないか)この本、今買おうとしてポまで行ったところで、二窓でこちらのUPを楽しみに遊びに来たのです!!後はチするだけですが参ったなぁ~。本当に有希さんには驚かされます。いつもタイムリーヒットですね(*´∇`*)

URL | 雫 #7cFgV8.c

2005/09/20 12:50 * 編集 *

まぢですか!(笑)

それはもう絶対双子だったに違いないです。Holesといい、タイムリーですねぇ。でも雫さんも私がアンを忘れかけた頃に、アンの感想をUPしてくれるので、「ああそうそう、アンも読もうかな」という気にさせてくれるんです。ふふ。
ところで私、レンブラントも好きですよ~。やっぱりあの暗さと光の具合がいいですよね。で、結局ポチしちゃいました?^m^

URL | 有希 #m6pSOb.I

2005/09/20 13:14 * 編集 *

私もフェルメール好きです

私もGirl Wiht A Pearl Earringを以前読みました!先日フェルメールの画集も買ったので、いつかもう一度読み直してみようかなと思います。Tracy Chevalierの絵画の描写は見事だったので、絵とつきあわせてみたいなと思いました。
他にThe Lady and the Unicornもとてもよかったです。お勧めです。
私は人のレビューを見ると読みたくなるたちで、Holesってやつも図書館で見つけるなり借りてきてしまいました。次の順番待ちしてます。
以前からお願いしようと思っていましたが、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

URL | sui #DjOCIH06

2005/09/24 06:32 * 編集 *

画集いいなぁ。

suiさん、こんばんは♪
フェルメールの画集!いいですね~、私も欲しいです。。でも高そう(泣)フェルメールの絵を見ると気持が落ち着きます。
実はsuiさんのサイトを拝見して、Girl Wiht A Pearl Earringを読んでみようと思い立ちました。読了したらご報告&感想に伺おうと思ってました^^;(いつもROMってばかりでスミマセン)。まだ少ししか読んでませんが、確かにTracyさんの絵画の描写はすばらしいですね。絵が目に浮かんできます。The Lady and the Unicornもチェックしておきます!パリの美術館が舞台なんて素敵です。
リンク、もちろんOKです^^私の方からお願いしようと思ってました。これからもよろしくお願いします~。

URL | 有希 #m6pSOb.I

2005/09/24 19:37 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/92-2246f3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。