Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Harry Potter and the Goblet of Fire  

0747550999Harry Potter and the Goblet of Fire (UK) (Paper) (4)
J.K. Rowling
Bloomsbury Publishing PLC 2001-07-06

by G-Tools


4巻の分厚さに圧倒されながらも、2週間かけてようやく読了しました~・・ハリポタはだんだん話がダークになっていくと聞いてましたが、この4巻はそのターニングポイントになっているような気がします。ショッキングな出来事もあったりで、泣けました。例のハリポタ狂いのお友達(ハリポタ検定準1級保持・笑)によると、5巻以降は4巻の悲劇どころではない、とのことなので、心して読もうと思います。

さてさて、そのほかの話題としては、やっぱり恋愛の要素が出てきたってことでしょうか。Harryも14才。お年頃なんですね~。今後彼らの関係がどういうふうに展開していくのか楽しみです

他にも友情や魔法の修行など、いくつものイベントを通してバランスよく盛り込まれています。今回のHarryは必要に迫られて、たくさんの魔法をRonとHermioniの助けを借りながら習得しました。だんだん一人前に近づいてますね。

ところでハリポタには生徒や先生たちの表情を示す単語が非常に豊富です。例えば、「笑う」という表現は、smileやlaughだけでなく、grin, beam, sneer, smirk, chuckle, giggle・・などなど(他にもあったかも)たくさんあります。意味が分からなくてもその時その時のシチュエーションで何度も出てくる単語なので、大体の単語のイメージはつかめます。例えば、beamという単語はHarryやHarryと友好的な間柄の人たちの間で使われていることが多いです。またsmirkという単語はMalfoyやSnapeが使うことが多い・・となると、どんな笑い方か大体想像つきますよね。

私はchortleという単語をハリポタを読むまで知らなかったのですが、何度も出てきたので、その時その笑い方をしている登場人物の表情が見えるくらい鮮明にイメージできました。試しに辞書で調べてみたら大体私のイメージに近い意味が載ってました。最初に辞書で調べて覚えようとしたらすぐに忘れてしまったと思いますが、こうやって何度も出てきてそのたびにイメージが脳に定着した単語はなかなか忘れないような気がします。

次の5巻は更に分厚い内容になってます。肩こりが酷くならないよう気をつけなくっちゃ。本台でも買おうかしら(笑)
スポンサーサイト

△page top

« Harry Potter and the Order of the Phoenix
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

すごいです!!

有希さん、こんばんは!
ついに4巻も読まれたのですね~
あの分厚い4巻を読まれたなんてすごいです!!
私も読みたいなぁと思いつつまだ手を出せておりません;;今のペースで読んでいたら3ヶ月くらいかかってしまいそうです(汗)
本当は私も最終巻に間に合わせて読みたかったのですが、全然間に合わないのであきらめてしまいました;;
5巻のレビューも楽しみにしていますね^^

育児疲れもでてくるころだと思うので・・・肩こり気を付けてくださいね~

URL | りあ #olKYQuew

2007/06/09 17:48 * 編集 *

お久しぶりです!

有希さん、こんばんは。
かなり前に「ぐりとぐら」でトラックバックしていただいた、美野里といいます。
一時ブログがお休みされていたので、がっかりしていたのですが、ご懐妊のためだったのですね。
お子さんも無事出産されて、ブログも再開されて何よりです♪いつも読ませていただいています!
歩き出したら本当に読む時間が取れなくなると思いますので、今のうちに読書を楽しんでくださいね。
ハリーの恋話、気になります~。私も早く4巻読みたいです。

URL | 美野里 #GaenHm5U

2007/06/10 00:42 * 編集 *

りあさんへ♪

こんにちは♪今日の関東は暑いです!!
4巻から急に分厚くなって、本当に読んでも読んでもまだある・・って感じでした(汗)。でも早く続きが読みたくてぐいぐい読めましたよ!特に後半はもう大変なことになっていて、我を忘れて読書に耽るところでした。
5巻はようやく折り返し地点まで読みましたが、これまた分厚い内容で・・ハリーが学校に行くまでに180ページ近くあり、ようやく着いたと思ったら、Snape以上に嫌な先生が登場したりで、ハラハラ・ムカムカ(笑)しながら読んでいます。時々出てくる恋話に癒されます~。

URL | 有希 #m6pSOb.I

2007/06/12 15:02 * 編集 *

美野里さんへ♪

うわ~お久しぶりです!ぐりとぐらの洋書絵本ですよね、覚えてますよ~^^ コメント残して頂いてすごく嬉しいです。
私も時々美野里さんのブログを拝見させていただいてました。
(いつも読み逃げですみません~・・)
確かに歩き出したら目が離せなさそうですね。今のうちにたくさん
読んでおこうと思います!
恋話は巻を追うごとにだんだん濃くなっていくらしいです。
6巻で急展開があると聞きました。早く6巻が読みたいです^^

URL | 有希 #m6pSOb.I

2007/06/12 15:02 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/219-f64c358b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Harry Potter and the Goblet of Fire

Harry Potter and the Goblet of Fire (Book 4)J. K. Rowling Mary GrandPre Arthur a Levine 2000-07-08by G-Tools(総語数190,637語 YL7.0~8.0)ハリー・ポッター第4巻「炎のゴブレット」。ついに読了しまし

ほんわか多読生活

2007/08/06 00:26

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。