Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Harry Potter and the Philosopher's Stone 

0747532745Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)
J. K. Rowling
Bloomsbury Pub Ltd 1997-06-26

by G-Tools


11歳の誕生日を迎えるまで、Harryは今まで自分が魔法使いだとは知らずに人間の世界で育ってきた。しかし1通の手紙がHarryの運命を大きく変える。。それは魔法学校への入学案内状だった。

・・というわけで、ハリポタ1巻です。
邦訳を数年前に読んでいたので大体のあらすじは分かっていたので読みやすく感じました。邦訳版も素晴らしいと思いますが、やはり原書はいいですね!随所にJ.K.Rowlingさんのユーモアたっぷりの言葉使い、生き生きとした文章表現が垣間見れて、読んでいてわくわくしました。また、魔法学校にふさわしいアイテムが詳細に描かれているところもよいです。魔法学校に入学する際の「用意するもの」リストなど、読んでいて楽しくなります。

ファンタジーには苦手意識を持っていたのに、ハリポタの世界をすんなり受け容れることができたのは、たぶん、学園ものの要素が強いからだと思います。舞台は魔法学校という、ファンタジーに分類される世界ですが、登場人物(主人公のHarryや友達、先生を含む)の台詞のひとつひとつが、人間界の学校でやりとりされても不思議ではない感じで、あまり想像力のない私でも楽しく難なくハリポタの世界に入っていけたような気がします。

そして、Harryの両親を思う気持ちは何度読んでも泣けます。
Harryが学ぶのは魔法だけではありません。様々な体験を通して、Harryは成長していきます。学長が本の最後の方でHarryに語る死生観など(ネタバレになるといけないので詳しくは書けませんが)10歳の子供に理解させるには難しいのでは・・と思ってしまうほど。今後、Harryがどのように成長していくのか、第2巻以降も原書でじっくりたっぷり味わいたいと思います!
スポンサーサイト

△page top

« 生まれました!
ハリポタを読み始める »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

この間

有希さん、こんばんは。
私も、この間読み終わりました。

死生観について、かなり深い事を話していましたよね。
多分。。。お国柄だと思うのですが、
子どもだからといってグレードを落とさないから
だと思います。
結構ハードな事、イギリス物って子ども向けでも語っている事があるので(⌒o⌒;A

URL | 紗香(すずか) #HLrqDUJ6

2007/03/15 18:34 * 編集 *

こんにちは、くまこです。
すごいですね~、ハリポタもう読まれたんですね。私は邦訳を3巻まで読んでますが、それでも原書の1巻がまだ読めないです。(しくしく)
私と語数はほとんど変わらないのに~。
やっぱりもとの英語力の違いでしょうか・・・。(ぐっすん)

ナルニアも赤毛のアンも、とても読めそうにないもんなぁ・・・。

URL | くまこ #-

2007/03/15 20:59 * 編集 *

読了おめでとうございます!!

ハリポタ1巻読了おめでとうございます!!
出産前に無事に読了、よかったですよね^^

死生観の話。。。。
全然記憶にないということは、うーん、おもいっきりとばし読みしまくっていたかもしれませんね~

1巻はいつかまた再読したいと思っていますので、今度こそきちんと読めるといいなと思っています♪

URL | りあ #olKYQuew

2007/03/16 20:24 * 編集 *

紗香さんへ♪

おぉっ同時期に読了してますね!(嬉)
死生観について・・お国柄というのはあると思います。
欧米ではひとつの宗教を通して、死生観を教えるのが割と易しいのかもしれませんね。
日本の場合、共有する宗教がないからでしょうか、どちらかというと死は遠ざけられているような感じですよね。。といっても日本の児童書のことに詳しいわけではないので、断定はできないのですが^^;昔の日本の童話などでは死は日常で出てきた気がするけれど、それも死生観を語るというより、死は無情のもの、というスタンスですものねぇ。・・って何を言いたいのか分からなくなってきました。難しいテーマですね。

URL | 有希 #m6pSOb.I

2007/03/16 23:39 * 編集 *

くまこさんへ♪

語数は変わらないけれど、読んでいる本の冊数が全然違うと思います!(私は少ないです、単語単価の安い本ばっかり選んでるから^^;)
私ももっとYL0や1の本をたくさん読まなければな~と最近痛感してます。でも出産後はORTなどもたくさん読みますよ~っ。
くまこさんは基礎力をたっぷりつけられている途中だと思いますので、そのうち深くハリポタを原書で愉しめるようになると思いますよ^-^

*あ、ナルニアは「銀のいす」で挫折しちゃいました~・・

URL | 有希 #m6pSOb.I

2007/03/16 23:39 * 編集 *

りあさんへ♪

出産前に無事第1巻、読了できました!
今2巻をちまちまと読んでますが、このまま2巻も読了できてしまったら、さすがに焦った方がよいのではないか・・という気もしてきました^-^;

ハリポタって、結構「死」が身近に語られている感じがして、しかもそれを子供にも分かりやすいような文章で書いてあるから、「へぇ~っ」と思ってしまいました。考えてみたら、ナルニアなどもそうだなぁと思います(あれは思いっきり宗教が絡んでいますが)。やっぱりお国柄、生と死を日常的に考える機会が多いからなのしょうかね~・・

URL | 有希 #m6pSOb.I

2007/03/16 23:41 * 編集 *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| #

2007/05/19 21:36 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/215-d3364f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Harry Potter and the Philosopher's Stone

Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)J. K. Rowling Bloomsbury Pub Ltd 1997-06-26売り上げランキング : 1015おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-ToolsHarry Potter第1巻、J. K. Rowling。YL6.0~7.0、総語数7700語。最初はあまり興味がなかっ

りんごの木の下で

2007/03/16 15:54

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。