Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Frindle 

0689818769Frindle
Andrew Clements Brian Selznick
Aladdin Paperbacks 1998-02-01

by G-Tools


これも以前投げた本です。
最後まで読めば感動できたのに、あの時なぜ投げたんでしょうね。

辞書をこよなく愛する先生と、そんな先生に反抗して新しい言葉を作り出した小学5年生のNick。penをfrindleと名づけて、学校中にブームを巻き起こします。ブームは学校内に留まらず、いつのまにか大きな現象に・・。

後半、先生とNick君のやりとりにはじーんときました。
あまり書くとネタバレになりそうなので、やめておきます。

なぜ辞書を引くの?なぜdogはdogと言うの?
言葉というのは自然に作られるもの。そして時と共に変化するもの。つくづく生き物のようだと思います。

SSS方式で辞書を引かずに洋書を読んでいる身としてはいろいろと考えさせられるテーマでした。(・・が、考えが纏まらないので、ここで書くのはやめておきます・・)

この本で作者のAndrew Clements氏は数々の賞を受賞したようです。
Frindleの公式サイトで、この本を製作するきっかけなどについて作者自身が語っています。作者自身の教師としての実体験を基に作られたことがわかり、興味深かったです。
スポンサーサイト

△page top

« GR本で古典を読む その1 "Jane Eyre"
未読本、取り崩し中♪ »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/204-d1bb1c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。