Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Old Town in the Green Groves 

0064409902Old Town in the Green Groves: Laura Ingalls Wilder's Lost Little House Years (Little House)
Cynthia Rylant Jim Lamarche
Trophy Pr 2004-06

by G-Tools


Little Houseシリーズで欠けている2年間("On the Banks of Plum Creek"と"By the Shores of Silver Lake"の間が2年ほど抜けているのです)をCynthia Rylantさんが資料などを参考に創作した小説です。

Lauraはこの2年間に起きた悲しい出来事を書けなかったのかもしれません。

Cynthia Rylantさんは、"Mr. Putter and Tabby"シリーズや”Poppleton”シリーズ、"The Heavenly Village" などで知られるアメリカの児童小説家で、その優しく叙情的な文章に癒された方も多いのではないかと思います。そのRylantさんによる創作ということで、もちろん悲しい事実にも触れているのですが、読了後は他のRylantさんの小説と同じように心が安らぐような気がしました。

4人目の女の子"Grace"が生まれた時の、LauraとMaの言葉のやり取りにじーんときました。生命の誕生や、生きることの喜びや有難さがしみじみと伝わってきました。

素晴らしい文章に引き込まれ、1ページ1ページを惜しむように読み進めました。現代の作家による小説なので、Laura本人が書いているLittle Houseシリーズよりも読みやすく感じました。Little Houseシリーズのお好きな方はぜひ♪

*"Kira-kira"を読了後、何を読んでもつまらなく感じそうで心配でしたが、この本を選んで大正解でした。セットで貸して下さった雫さんに感謝します!
スポンサーサイト

△page top

« Number the Stars
kira-kira »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/198-9cae11dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。