Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

なつかしの漫画・ヨコハマ物語 

ヨコハマ物語 (1)ヨコハマ物語 (1)
大和 和紀


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いや、懐かしいな~。
BOOK OFFで文庫版が100円で売られているのを見て思わず全巻買ってしまいました。子供の頃、「はいからさんが通る」同様、この漫画にははまりました。大好きな漫画です。この漫画の英語版があればなあ、絶対買うのになあ・・

時代は明治初期から中期。舞台は横浜。貿易商のお嬢様万里子と、使用人のお卯野は子供の頃からの大の仲良し。横浜の港を行き交う貿易船を見て、いつか自分たちも海外へ行ってみたい・・と夢を膨らまします。

海外に憧れ、お琴や三味線のお稽古よりも学校に行きたいと切望し、英語を必死に覚えた二人。大人になり、恋をし、それぞれイギリス・アメリカに渡り・・今読んでも新鮮さを感じる内容で、一気に読みふけりました。海外に憧れ、英語を学ぶあたり、なかなか感じるものがありました。

また、当時の日本での外国人差別意識、アメリカでの日本人差別意識なども書かれています。まだお互いがお互いをよく知らない手探り状態の中で、全く別の文化の中に飛び込んでいくのは、今とは比べ物にならないくらい勇気のいることだと思います。主人公二人の勇気ある行動を思うにつれ、津田梅子さんや、当時アメリカに夢を求めてカリフォルニアへ渡った移民たちの行動力の凄さを改めて感じました。

ところで当時は医学生の森太郎に目がハートだった私。今もいいですねえ。むふふ。
スポンサーサイト

△page top

« Double Act
The First Four Years  »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

おお~懐かしい♪

私も子どもの頃、本当に大和和紀さんどれも読みました♪
もともと母が大好きで、本棚にずらっと並んでいたのを勝手に読んでハマッていたのですけど‥(笑)。
私も英語版があったらなぁっと思います♪
まずは実家の本棚を漁ってみようと思います(笑)。もうないのかなぁ~‥。
ああ、すごく懐かしいです‥。

URL | ゴンティ #-

2006/04/21 18:01 * 編集 *

ぉお~ぉ♪

私も「はいからさんが通る」好きでした。懐かしいなぁ~。このヨコハマ物語は知りません。今度探してみよ♪
私も今、懐かしいものを読んでます。あまりになつかしくて、ブログにアップしようかなぁ~なんて思ってたの。ふふふ。それにしても、やっぱり和書はいいですね~、サクサク読めて気持ちいい。(日本語だと)やっぱり文章全部は読んでないなぁ~なんて改めて考えてしまったり(笑)。

URL | とまと☆まま #GhMHlou2

2006/04/21 18:20 * 編集 *

ぎゃぼー!

有希さん、これ持ってます(笑)
大和和紀節が効いているストーリーですよね。はいからさんと同じ雰囲気だし。
いや、本当に本の選び方に驚きを隠せません~!花男読みますか?お貸ししますよ(笑)

URL | 雫 #7cFgV8.c

2006/04/24 06:59 * 編集 *

ゴンティさん、またまたこんにちは(笑)
コメントありがとうございます~。
大和和紀さんの漫画はどれも面白いですよね!
あの頃の時代ものでは他に「NY小町」もありますね。
あれも面白かったな~。どの漫画にも共通しているのが
行動力があっていろんな意味で強い女性が主人公というところでしょーか。
そういや3作品とも全員海外に出てますね(笑)
「女は家にいるもの」と言われていた時代に、こういう女性が活躍すると
小気味良い感じがします^^

URL | 有希 #m6pSOb.I

2006/04/24 13:08 * 編集 *

ヨコハマもおすすめ!

とまと☆ままさん、こんにちは♪
ヨコハマ物語は、はいからさんと同じくらい面白いですよ~。お勧めです!!執筆時期が同じくらいなので、絵や、シリアスとギャグの混在具合が、はいからさんのノリと似ています(どっちかというとヨコハマの方がマジメ)。とまと☆ままさんが今読んでいる懐かしの漫画ってなんだろう・・気になる~!!ブログの更新ぜひぜひお願いしますっ
和書いいですよね~。落ち着きます^^なんだろな、海外旅行から帰国した時の感覚に似ているかな(笑)未知の世界(洋書)を楽しんだあとの和書もまた格別ですよね。あと、私も和書の場合、文章全部は読んでないかも。。スピードに乗って、先の文脈を予測しながら読んでるのな??

URL | 有希 #m6pSOb.I

2006/04/24 13:17 * 編集 *

やっぱり(笑)

雫さん、こんにちは&おかえりなさい♪
ふっふっふ、「あさきゆめみし」の英語版をお持ちの雫さんのことだから、
もしかしたら読んでいるかも!!と思っていました。ふたごですしね~。
花より男子はだいぶ前にはまりましたが、長寿漫画ゆえに結末を知らないんですよ~。
つくしと道明寺の恋の行方はどうなったんでしょ。多分20巻くらいまでは読んでいたと
思うのですが。。気になってきたぞ~!

URL | 有希 #m6pSOb.I

2006/04/24 13:19 * 編集 *

花男

有希さん、こんにちは(*´∇`*)
せっかくだからもういちど1巻から読んでみてはいかがでしょう。36巻まで堪能してください~。
もちろん、ダンボールが開いたらいつでもお貸しします(*'-')b
何なら緋の稜線もありますよ(笑)

URL | 雫 #7cFgV8.c

2006/04/25 12:48 * 編集 *

わぉ♪

全巻貸して下さるんですか~っ
わー嬉しい^^ありがとうございます!!
あ、でも雫さんの引越し準備のついででよいですよ~。楽しみに待ってま~す♪

URL | 有希 #m6pSOb.I

2006/04/25 20:57 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/182-21382761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。