Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

The Long Winter  

0064400069The Long Winter (Little House (Original Series Paperback))
Laura Ingalls Wilder Garth Williams
Trophy Pr 1953-06

by G-Tools


1880年、ダコタを襲った7ヶ月間にも亘る長い冬。
何度も何度もやってくる吹雪。
ついには汽車も止まり、食料や灯油・石炭も底をつき始め・・・

寒さと飢えの中、インガルス一家のたくましく生きる姿が描かれています。
このような命の危険が迫っている時こそ、「生きている」ことを実感する時というのはないような気がします。家族全員が無事生活できることの有難さが伝わってきました。

家族を飢え死にさせないよう必死な父さんや、家族を不安にさせないよういつも穏やかな母さん、そしてそんな両親を健気に支えるローラたち。こんなに苦しい生活の中でも、家族がそれぞれ思いやりをもって、食料を譲り合ったりする姿には胸を打たれました。本当に素敵な家族です。

また、街中の人を飢え死にさせないために、危険を承知で小麦を求めて出かけていったアルマンゾに男気を感じました。彼は割りと裕福で食料も残っていたのに、責任感・使命感の強い人なんだなあと惚れ直しました。いつローラとアルマンゾはお近づきになるんだろう・・とドキドキしながら読みました。次の"the little town on the prairie"に期待!
スポンサーサイト

△page top

« Little Town on the Prairie
Nate the Great »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/178-7a3bb012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。