Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

On the Banks of Plum Creek 

0064400042On the Banks of Plum Creek (Little House)
Laura Ingalls Wilder Garth Williams
Trophy Pr 1973-03

by G-Tools



ようやく読了です。は~面白かった!

9歳になったローラ。インガルス一家はミネソタの大草原へと移動します。ドラマの大部分がこの地を舞台にしていることもあり、この物語を読むのはずっと前から楽しみにしていました。「た~ららら~らら、ららら~♪」とドラマの冒頭の音楽が頭をぐるぐるとまわってました。

気をつけて書きましたが、ネタバレになりそうなので、以下みなさんご注意を。
前半は割りとほのぼのとした記述が多く、小川での水遊びや干草を転がる様子などが生き生きと描かれています。青い空や草の爽やかな匂いが感じられました。裸足で草の上を歩くのって気持ちよいでしょうね!久しく忘れていた感覚です。

中盤では街や学校の様子が語られます。ドラマではお馴染みネリーも登場。本当に嫌なコです。でも私はこういうサブキャラ結構好きです。こういうキャラがいるから主人公の良い部分が引き立つという部分もあると思うのです。

そしてそんなネリーに負けず仕返しをするローラもよいですね~。読者(というか私)もこれで溜飲が下がるってもんです。ローラは素直なんだけど、自分に正直すぎるあまり激しい性格。わたしはそういうローラが大好きです。

後半はイナゴの襲来、火事、吹雪など、インガルス一家に試練が訪れます。家族の絆、大自然の中で暮らすことの大変さを改めて実感しました。このあたりは手に汗握る展開でページをめくるのももどかしいほどでした。Paも大変だけど、家を守る意味ではMaも同じくらい苦労しています。よほどPaを愛して信頼し、その生き方に共感していなければ、共に苦難を乗り越えるのは難しいと思いました。妙なたとえで申し訳ないですが、教会で結婚式を挙げる時に立てる誓いを、そのまま実践している夫婦という感じがしました。

ところでこの物語ではクリスマスのシーンが3回出てきます。それぞれが素敵なクリスマスなんですが、特に1年目と3年目のクリスマスでのローラとメアリーの健気さには胸を打たれます。ローラはパパっ子ですね。Paを慕い、愛していることがよくわかります。次はローラは13歳になっているようです。成長したローラと家族の物語が楽しみです♪
スポンサーサイト

△page top

« 風と共に去りぬ
停滞じゃないです »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

うふふ

>ローラはパパっ子ですね。Paを慕い、愛していることがよくわかります。

それが後半の"These Happy Golden Years "でまた・・・(涙)

本当に、Maの強さって凄いですよね。ここらへんはMaの幼い頃に由来しているのではないかと思っていて、Ma時代のシリーズはスタンバっております(笑)
でも新刊で入手できない巻があるのです!

次はシルバーレイクですね。
また私の好きなクリスマスがあるんですよ~!

私は今日、出かけっぱなしで一文字も読んでいません。Heartland最終巻が待っていて気になっていますが、主婦業します(^_^;)

URL | 雫 #7cFgV8.c

2006/03/30 18:27 * 編集 *

雫さん、Ma時代のシリーズ持っているんですね!
用意がいいなあ~。雫さんの記事が楽しみだ♪

シルバーレイク、半分くらい読みましたが、
ローラが急に大人びていたのでびっくりです。
空白の2年間の物語があるそうですね。こちらもポチだけはしました^^
それにしてもLittle Houseシリーズに出てくるクリスマスのシーンって
どうしてどれもこれも温かいんでしょう。家族の温かさを感じますよね。
シルバーレイクのクリスマスは後半に出てくるので楽しみです!

ところで、雫さんのコメントに時々出てくるHeartland、ふたごの片割れとしては
すごぉーく気になります。そのうちわたしも全巻ポチってたりして(笑)
好みが似ているから、雫さんの紹介される本って結構どれもツボなんです。

URL | 有希 #m6pSOb.I

2006/03/31 12:01 * 編集 *

ふっふっふ・・・

双子の妹よ。Heartland普及実行委員の姉を持ったら最後、読むしかないでしょう!
とは言え、相性というものがあるので最初の数冊を読んでから考えた方が良いと思います。
詳しくはメールしますね(*´∇`*)

私も有希さんの紹介される本はどれもツボで困ります(^_^;)
二人が全く一緒だと困らない!?いや、それも面白くないのでやっぱりお互いにツボにハマりましょう♪

URL | 雫 #7cFgV8.c

2006/04/01 08:48 * 編集 *

おお~

姉さん(姐さん?)、Heartland普及実行委員だったのね・・まんまと引っかかってしまった~。だって、最近の雫さんのブログ、Heartlandまみれなんですもの。同じツボの雫さんがそれだけハマる小説って何なんだ?と思ってしまいます。というわけでメールお待ちしております~^^ 

URL | 有希 #m6pSOb.I

2006/04/01 18:46 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/174-dc079017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。