Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

A Walk to Remember 現在読書中 

A Walk to Remember
著:Nicholas Sparks

以前雫さんが紹介していたペーパーバックです。Nicholas Sparksの本は初めてです。キリン読みですが、SSSでの評判もたいそう良いので、無謀ながらもついに読み始めてしまいました。

今中盤に差し掛かっていますが・・・これ、ほんとに面白いです!読むのを止めるのに勇気が要るほど。第一章のはじめの方は、非常に難しく感じ、やっぱり無謀だったかも・・と思いましたが、それを過ぎると驚くほど読むスピードが上がって、夢中になってページをめくっています。

物語の感想は読み終わったらUPしますが、一応、物語のさわりをご紹介。
舞台はノース・カロライナ、1958年。高校生のLandonは、友達とつるんで楽しく無責任な日々を過ごしていた。ある時、いつも聖書を片手に持っているマジメな優等生Jamieをパーティの相手に誘うことになる。Jamieと接する機会が増えるにつれ、Landonの中で何かが変わっていく。。

ところで、この本の最初の方でディケンズのクリスマス・キャロルに関係した逸話が出てきます。クリスマス・キャロルはついこの間読んだばかりだったので、タイミングの良さに思わずニンマリ。クリスマス・キャロルの物語を知らなかったら、きっとこの本(A walk to remember)に出てくる逸話の面白さに気づかなかっただろうと思います。

誰もが知っているような古典文学は、GRでも何でもいいからとにかく読んでおくべし、と思いました。

それからやっぱり聖書。この本は宗教に関連した単語も出てきます。聖書が分かればもっと深く読めるのになぁと思いました。(でも、もちろんそういう知識がなくても十分楽しめる本です。私が保証します!)
スポンサーサイト

△page top

«  Walk to Remember
A Christmas Carol »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

きましたねー♪

映画の原作シリーズですね!
これは映画にもなっているので親しみがありますよね。他のNicholas Sparks作品はまだ読んでいませんが、お楽しみにとっておきます。
そうそう!有希さん、suiさんからの情報ですがTracy ChevalierのThe Lady and the Unicorn、私と有希さんが気に入るんじゃないかなぁという話ですよ(*'-'*)エヘヘ
コンプリしちゃう?いや、双子ならぬ三つ子だったようですよ(*'-')b

URL | 雫 #7cFgV8.c

2005/10/18 14:31 * 編集 *

気になるー

Nicholas Sparksの作品では映画The Notebookに激しく感動しました。号泣しました。有希さんはご覧になりましたか?原作も読もうか、どうしようか、と思っていたのでこの際読んでみようかな。Walk to rememberは映画だけ観ましたよ。きっと原作の方がいいのでしょうね。他の人にもそう言われて薦められたことがありますから。人が読んでいるものがすぐに読みたくなるものですみません…。
やっぱり似たものに興味を持ってしまいますねぇ。私ら三つ子らしいです←雫さん発言

URL | sui #DjOCIH06

2005/10/19 06:55 * 編集 *

おおおおお。
これ面白そうですねぇ。
引越ししたら・・・引越ししたらば・・・・・。
洋書専用棚作ってもらえそうなのでがんがん買うぞー。その前に手持ちの未読本を読まねば。
はりぽたー。
はうるー。

URL | 早美 #-

2005/10/19 08:48 * 編集 *

the race that knows Joseph

雫さん、こんにちは!
The Lady and the Unicornはsuiさんに以前オススメされていた作品でした^^アマゾンのカートに入ってますよ~。レジに進むのは数週間後になりそうですが・・・(何せお財布が寒くて)
suiさんとは雫さん同様、同じ匂いを感じてました。そうか、三つ子だったのかぁ!(笑)これから4つ子5つ子と、"the race that knows Joseph"(by anne's house of dreams)のお仲間さんが増えると楽しくなりそうですねー^^

URL | 有希 #m6pSOb.I

2005/10/19 11:21 * 編集 *

映画泣けますよね!

suiさん、こんにちは♪
私も「きみに読む物語」(the notebook)を映画館で観て号泣しました!!きっと原作も泣けるんだろうなあ・・とwalk to rememberを読んで思いました。
walk to rememberは映画は観ていないんです。映画の方が泣けそうだなぁという感じはしました。非常に映像化しやすい、映画向きの作品です^^
ちなみに私も嗜好の似た方のブログなんかを見つけるとすぐに影響を受けてしまいます^^

URL | 有希 #m6pSOb.I

2005/10/19 11:27 * 編集 *

はうる

早美さん、こんにちは~
洋書専用棚!!いいですねえ。「がんがん買うぞー」の言葉にもよだれが出そうです。私も引っ越すことがあったらどさくさにまぎれて本棚買っちゃおうかな(笑)
はうるは難しそうですよね??宮崎アニメのイメージが強いため、なんとなく読むのを躊躇しています。。早美さん、読んだらぜひ感想を!

URL | 有希 #m6pSOb.I

2005/10/19 11:29 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/146-e2cbd7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。