Book Cafe

洋書の多読で英語に親しむ♪

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Marvin Redpost: Why Pick on Me 

Marvin Redpost: Why Pick on Me (Marvin Redpost)
著:Louis Sachar

「お前、鼻ほじっただろ!」
Marvinは、クラスでジャイアン的存在の男の子にそう言われ、あっという間に仲間はずれにされてしまいます。

ほんと、こういう下らないことで、子供は喧嘩したり仲間外れにしたりするんですよね。子供って残酷だなー。でも、今、私はくだらないと書きましたが、それは大人から見たらの話で、子供にとっては一生を左右するほどの大問題に見えるんですよね、きっと。

なんだか、今回は読むのが辛かったです。NickとStuartは本当に親友なんだろうか?と思いましたが、これも大人からの視点で見るからそう思えるのであって、子供って案外こんなものなのかなーと思いました。

それにしてもMarvin君の家族は素晴しい!Marvin君の問題を取るに足らないことと切り捨てずに、家族全員で考えようとするところが良かったです。クラスの子供たちや先生が理想化・聖人化されていない分、余計そう思いました。どこかで救われる要素がないとね。

今回、Marvin君はぽーんと成長した気がします。今後のMarvin君がどうなるか、楽しみです。
スポンサーサイト

△page top

« 図書館で絵本漬け
An Ezra Jack Keats Treasury  »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

いやー、ほんとね。

マーヴィン君、いいでしょう?
この間は、読んでいてちょっとつらくなってくる部分も多いですが、子供達の問題が本当にそのまま持ってきているような、そんなくだらなさやリアル感がたまらなく良いのです。
読んでいるときはもちろんですが、読んだ後も余韻に振り回されてます。

URL | きくらげ #-

2005/09/27 18:38 * 編集 *

いいですねー。

きくらげさん、こんばんは~。
Marvin君、私も見事にはまりました。今7巻目です(UPするのが追いついてなくてゴメンナサイ)。読み始めたら止まらないです。で、私も心地よい余韻に振り回されてます。読んだあと、しばらく次の巻に移れなかったのは4巻ですね。泣きましたよ、わたしゃ。。
それから本を読んだあと、きくらげさんのMarvin Reportも読むのも日課になってます。そうそう、そうだよねぇ、と一人相槌を打っています(笑)Sacharの描く子供たちのリアル感が私も好きです。

URL | 有希 #m6pSOb.I

2005/09/27 23:30 * 編集 *

うっしっしっし・・・

こうやってSacharファンを増やしていこうと企んでいる私です(笑)
4巻なんて何とも言えないものがありました。死をストレートに扱っていますよね。
最近Sacharから離れているので皆さんの記事を読んで私も読みたくなってきました♪

URL | 雫 #7cFgV8.c

2005/09/28 13:26 * 編集 *

戦略だったのか!(笑)

雫さん、こんにちは♪
そうそう、Sacharを知ったのも雫さんのブログがきっかけでした。。。って、私、見事に雫さんの戦略にはまってません?(笑)4巻のラスト近くのマーヴィン君の絵がまた涙を誘いますね。まさかああいう展開になるとは思いませんでした。きっとまた近いうちに再読するような気がします^^

URL | 有希 #m6pSOb.I

2005/09/28 17:13 * 編集 *

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerokerobookcafe.blog6.fc2.com/tb.php/104-2f9fec7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。